クラフター70になりました・その2

20180415_22.jpg

前回記事に引き続き、クラフターALL70(&採掘・園芸も70)記念ということで。

今回は、いざ、全部70にはなったけれど、ここはゴールではなかったの…と途方に暮れたお話などをお届けしますー。

あと、70になってすぐやったことや、ギャザクラで70になる前にやっておいたほうがいいかな、と思ったことなども。


記事後半では、どうしても残しておきたかった70クエの様子なども!
(※直前に注意書きを入れてますので)



…それは、半年以上も前。

まだFF14を始めて間もない夏。

三国などで、赤いシャツにサスペンダー付きクロップパンツをはいて、クラフター作業をしてる方をよく見かけて。

少ししてから、その装備が、クラフターLv70装備だと知り、赤シャツ姿の方を見るたびに、あれがクラフターカンストの証なのね~!と憧れの眼差しになってました。

いつか自分も、あの赤シャツを着ることができる日が来るのかなあ、と思いながら。
(今はアネモネシャツ出ちゃったので、稀少価値は薄れ…



そして先日。

大半のクラフタージョブがLv70になり、残る錬金と調理も69まで来てるので、そろそろクラフターLv70用の装備を揃えるときかしら、ということで。

それまでは、早々にLv70になっていた木工も、自作Lv68HQ装備のままで、やってきてたんですよね。

Lv68HQなら、Lv70NQを作ったり買ったりする必要はない、ということだったので。
まあ、戦闘職用でも、HQ装備なら、+Lv3くらいはカバーできますもんね。



でも、カンスト後となると、話は全然違いました。



唐突ですが、製作物のなかでも、家具は、HQ作る必要がないし、お手軽なほうじゃないですか。

なので、新式作ることを思えば、家具は大したことないよね、なんて考えていたのです。
…浅はかながら!


70になったんだから、70家具もふつうに作れるだろう、とお気軽に思ってたのですw
(まあ、着てるのは68HQだけど…)

で、フレさんから70★2家具の御依頼を受けたので、作ってみることにしたのです。


しかし…

現状の装備では、椅子に座ることもできなかった!


製作可能条件:作業精度1320以上 ←現状1147
製作可能条件:加工精度1220以上 ←現状1036



作る以前の問題でしたわ… _(:3」∠)_
200も足りてないんですけど。

材料部品ですら、同じ作業精度と加工精度を要求されていて。

材料も作れないとは。


カンストとは名ばかりだったのか…!

200も足りないと、さすがに料理(天ぷら)でごまかすとかは出来そうにもなくて。



そこで、Lv70がゴールではなかったことを、改めて実感したのでした><



まずはLv70クラフター装備HQを作ろう


まあ、マケで買うのでもいいんですけどね…w


一度は諦めかけていた70家具製作でしたが、とりあえず、出来るところまではやってみようと思いまして。

(これには、さすがにちょっと落ち込んで、他ゲーの実況動画見たりして、しばらく逃避してたりw でも、気分転換できてよかったかなと)

まずは、いつまでも68HQじゃなくて、70HQを着なくては、ですよね。

マケで見てみると…さすがに、70HQはめっちゃお高い!


個人ハウス買ったばかりで、金欠なので、自分で作ろう(´・ω・`)


クラフター用70装備にも、いろいろあるけど、まずは、あの「赤シャツ」です。

正式には、
ツインシルク・サスペンダーシャツ (エオルゼアデータベースより)

この名前を見て、サスペンダーがついてるのは、ズボンじゃなく、シャツだったことを知ったりw


胴以外も、IL290のクラフター装備を全部作ります。


前回記事にも書きましたが、マイスターには、木工・鍛冶・裁縫でなっていて、黄貨で木工・鍛冶の主道具は交換済です。

IL290の装備は、左を裁縫・革細工で、右を木工で作るので、まずは、まだ黄貨で交換できていない、裁縫・革のLv70主道具HQを作るところから。

その間に、戦闘リテをフル稼働して、左側作成に必要な材料を取って来させます。
(金欠なので、材料も自力調達w)

IL290のクラフター装備製作で主に必要になるのが、玉繭とガゼルの粗皮とゼルコバ原木。

特に玉繭は大量にいるので、リテが取ってきたそばから、玉糸作り、ってやってました。
Lv70目前になったら、この3つを早いうちから、こつこつ集めておくといいかもですー。


IL290のクラフター装備はLv70のレシピだけれど、材料はLv68以下のレシピなので、材料をHQで作っておけば、赤シャツなどをHQで作るのは、意外と簡単でした。


20180415_21.jpg

というわけで、全身、IL290のクラフター装備HQが完成です~。


出来たものから、完成品を着こんでいって、果たして目標の作業精度と加工精度に到達できるのか?と、少しずつ上がっていく数値に最後までハラハラしつつw
(ネットで調べれば一瞬でわかることですが、ここはモチベ維持のためにも、あえて見ない方向で)


結局、加工精度が目標には届きませんでしたが、天ぷらで補って、椅子に座ることができましたよー。

材料も作って、家具も無事完成です。
頑張って、こつこつと装備から作って良かった(*´ω`*)
(御依頼くださったフレさんには感謝ですー! こういう機会でもないと、ダラダラと今もまだ68HQのままだったかもw)


ただ、今回は家具だったので、HQを作る必要はなかったですが、新式作るとなると、そうはいかないですもんね。

これから、もっと装備を整えていかないと。
(次のLv70装備は、クラフター黄貨で交換できるIL300装備かな?)

今回の赤シャツなどのIL290装備は、言わば、そのための足がかり。


数字上はLv70になっても、それは、まだまだ序の口で、この先、やらないといけないことは山積みなのでした。



初めての禁断


今回のIL290クラフター装備を作るにあたって、初めて「禁断」をしてみました。
少しでも、目標数値に近づけたくて。

装備に2つ穴が空いてたら、そこに3つめのマテをはめるのが禁断。

こちらのクエストをクリアしておく必要があります。

禁断のマテリア装着  (エオルゼアデータベースより)

(とはいえ、クラフター以外でも何かLv25になっていれば受けられるクエなので、受けたこともとうに忘れてしまってるかも?)


禁断は、成功率がめっちゃ低い。
面白いくらいに、パリンパリン割れますw
(運なので、一発でOKの場合もあるし、何度も失敗することも…)

割れることを考えれば、禁断するのはマテリガやマテリダですよね。

クラフターをLv70まで上げる際、リーヴ納品物や、HQ装備を自作してる間に、すぐに100%錬成して、えっ、昨日イヤリング作ったとこなのに、また100%になっちゃったの?みたいな「自転車操業」が結構続いたものですから。

なので、自作装備をマテリア化した、クラフター系マテリガやマテリダはいっぱいあるのですw

プロのクラフターさんたちの装備を見ると、禁断して5つもつけてる方もいらして。
(禁断するたびに、成功確率が下がっていくのに、いったい幾つのマテを割ってこられたのかと…)

さすがに、そこまでは出来なかったので、まずは全装備、1つずつ禁断してみることに。

パリンパリンいう音が心臓に悪かったですが、当分お世話になる装備だし、少しでも底上げできたかな、と思います。




ギャザクラ赤貨の使い道


前回記事で、お得意様をLv70ジョブで納品すると、赤貨と黄貨の両方をもらえます、と書きましたが。

クラフターの黄貨の使い道は、前回も書いたように、まずは、主道具との交換。

一方、クラフターの赤貨の使い道ですが、まずは、秘伝書の交換からでしょうか。
特に、6巻は赤貨1200枚との交換になるので、全ジョブ分となると、地道に集めていかないと、ですよね。

他にも、マイスターを変えたくなったときには、あの「白い置き時計」に赤貨480枚必要になるので、それも貯めておけばいいよー、とフレさんにアドバイス頂きました(*´ω`*)


そして、ここからは、ギャザラーの赤貨のおはなし

実は、お得意様をギャザラーでは1回しかやったことがなく、ギャザでの蒐集品納品もあまり積極的にはやってこなかったので、ここに来て、もっとまじめにやっておけばよかった!と思い知ることにw

というのも、ギャザラーで「伝説」素材を採るためには、たとえ、Lv70でも、伝承録というものがないと採りに行けないというか、採集場自体が見えないのです!

「伝説の採集場」で採れるものとしては、あのイミテーション・オブロングウィンドウの材料にも使うトレヤ原木など。
(だから、高値なのね…><)

やはり、プロのクラフターともなると、原価を少しでも抑えるために、材料も自分で調達しないと、ですもんね!
なので、本来なら、もっと早めにギャザラー赤貨を貯めておくべきでした…。


ちなみに、「伝承録」の入手には、「ロウェナの手形:伝承録」というものが必要です。

ラールガーの蒐集品担当者さんのテーブルで…

20180415_05p.jpg

20180415_06p.jpg

ギャザラースクリップ:赤貨の取引(Lv61~向け)>その他
で赤貨50枚と伝承録1つが交換できます。

そして、お隣のテーブルの、特殊品交換窓口で、この「ロウェナの手形:伝承録」を渡すことで、地域ごとの伝承録と交換することができます。


しかし…

20180415_07p.jpg

1冊につき、「ロウェナの手形:伝承録」が50個も必要なんですよ?!

つまり、1地域の伝承録を1冊もらうためには、赤貨2500枚。
で、それが6冊もある。

…全部集め終わるまでに、FF14に飽きてしまわないか心配w

っていうのは冗談ですが。


とりあえず、これまでに、ちょこちょこと、1個や2個集めてきては蒐集品納品していた分があったのと、少し稼いできたものとで、1冊は交換できました。

やはり、せっかくギャザLv70になったんだから、伝説素材も採りに行けるようにならないと、ですもんね。


ラールガーでお手軽赤貨集め



Lv70クラフター装備を優先していたので、まだギャザLv70装備は作れていないのですが。

そんなLv68装備でも全然大丈夫だった、赤貨のお手軽な採集場を御紹介しますね。


ラールガーで蒐集品などを製作しつつ、時間になったら、こちらの3つの蒐集品を採りにいってました。


戻ってきて、すぐにラールガーで納品すれば、カバンもぱんぱんにならないし、交通費なしで、赤貨少しずつ溜まっていくのではないかと思います。(Lv70になっていれば黄貨も)


・採掘 トリフェーン原石(ギラバニア辺境地帯)Lv60☆2  2:00/14:00 
ラールガーの蒐集品納品テーブル近くの出口から出て、10秒ほどの近場。
私の装備でも、1回で5~6個ぐらい採れました。
1個で32枚の赤貨と交換できたので、1回採りに行けば170枚くらいの赤貨と交換できました。
まずは、お得意様でラールガーに来たら、採掘60半ばくらいからでも、お手軽に赤貨集めを始めてみては、どうでしょう?

・園芸 ビーチの枝(ギラバニア辺境地帯)Lv60☆2 6:00/18:00
ラールガーの蒐集品納品テーブル近くの出口から出て、少しかかります。
いつも、近くにクマいるので、注意!

・採掘 ロードナイト原石 (ギラバニア山岳地帯 7段目)Lv70 8:00/20:00 ・・・Lv70黄貨用
ラールガーのエーテライトでギラバニア山岳方面へ出ます。そこから少しかかります。
現状の私のギャザ装備では1回4個どまり。
70装備にすれば、もっと採れるようになるかな?


本当は、もっと各地を回って採りにいけば貯まるのも早いのでしょうが、とりあえず、リテベルもあって便利なラールガーを起点に、Lv70クラフター装備や納品物などを製作しながら、交通費不要な赤貨・黄貨集めをしてました。


ギャザLv70装備が整ったら、今度こそ、本格的に、「ETのドレイ」になって、赤貨・黄貨集めに奔走しないと…!




そして、ここからは、ギャザクラ70クエストの感想などを。
(※クエスト内容に触れています。ご注意ください)



ギャザクラ70クエのおはなし



20180415_10.jpg

園芸70クラスクエストでは、また、あのふるえるアフロヘアを見ることが出来て、楽しかったですw

正直、あのアフロしか見てなかった…w


20180415_08.jpg

木工クエで一緒だったチェミちゃん。

ショートヘアがナチュラルなミコッテちゃんですが、めっちゃ可愛かったなあ(*´ω`*)


20180415_09.jpg

木工のベアティヌ師匠も、トリッキーな方でしたが、最後までそうでしたねw
こういうエレさん、好きだー。


あと、鍛冶の70クエがまさかの展開で、え、そんな終わり方なの?それでいいの?って思いましたw




そして、そして。

一番のお気に入りの70クラスクエは…


やっぱり、彫金です!


20180415_11.jpg

途中から、ナナモさまが関わってこられた彫金クラスクエ。

どうしても、貴重なナナモさまの表情を、ここに残しておきたかったのです~!



20180415_12.jpg




20180415_13.jpg

もろ手を上げて、天真爛漫に喜ばれるナナモさま(*´ω`*)


20180415_14.jpg

20180415_15.jpg

あ…


20180415_16.jpg

えー、コホン。



20180415_17.jpg

一旦はとりつくろわれましたが、やはり、歩み寄るときも、嬉しさが顔に滲み出てらっしゃるw

もう、ほんと、このナナモさまを見たときには、彫金70まで上げて良かったー!って思いましたもんw


20180415_18.jpg

ナナモさまに喜んでいただけるような品を作れるようになって、恐悦至極に存じます(*´ω`*)








というわけで、前回に引き続き、ギャザクラ関連の記事でしたー。


それはクラフターがまだLv30後半か40だった頃。

軍票が欲しくて、毎日、全種を律儀にグラカン納品していたのですが、要求される品が、手を変え品を変え、レベル的にも少し上のものも多くて、ひーひー言いながら何時間もかけて作ってたのでした。

こんな苦労も、カンストして、Lv70になったらなくなるのかなあ、と思いながら。
(グラカン納品よりも、リーヴで一気に上げたほうが楽だったので、さすがに50になったら、もうギャザしかGC納品しなくなりましたが…)


しかし、結局、Lv70は単なる通過点でしかない、というのを、その当時の私が知ったら…



それでも、ギャザクラをやめることはなかったかな?
なかったかも、たぶん。





そして、今。


20180422_04.jpg

ベアティヌ師匠、出戻りですが、またよろしくお願いします!







ネットだと、検索した内容に関するページしか表示されないですが、本だと、ギャザクラのレベルをこの先上げていけばどうなるの?とか、他のクラスではどうなの?と、いろいろな周辺情報も、ページをぱらぱらめくるだけでGETできるので、やっぱり良いですね~!

今度は、この本をもとにまた一からギャザクラのレベリングに挑戦中だったりしますw
(や、もう、つくづくMだなって…


関連記事

Comments 0

Leave a reply