調理師になりました

20170726_01.png

景観カメラで撮影することを覚えたら、普段のプレイ画面では見れなかった景色を見ることができるようになりました。

街中では、頭上なんて滅多に見ないから、こんなきれいなハンギングバスケットが飾られていたとは知りませんでした。

結構、高い場所にあるようなので、どうやって水遣りするのかな?なんて思ったり。

さてさて。今回は、れんかが調理師になったお話です。


戦闘もきらいじゃないんですが、FF14にはクラフトがあるし、せっかくなので、クラフトがんばりたいなあ、と当初から思っていたのです。

以前やっていたDOLでも、料理が好きで、お料理を作るために、遥か遠洋まで、船で材料調達に行ったりしていてましたもんね。

ちょうど、れんかが生まれ落ちたリムサ・ロミンサには、調理師ギルドがあります。

なので、早速、れんかも、シェフに弟子入りしてきました。

調理師が初めてのクラフターとなります。

20170725_08.png

調理師ギルドのマスターは大男のリングサスさん。

身体も大きいですが、ミトン(手袋)もXXLサイズですね!
(れんかの頭がすっぽり入りそう)

しかし、なにしろ、初めてのクラフトだったので、しょっぱなから、つまづききましたよw

手帳の管理→製作手帳→食材選ぶ→製作開始…までは良かったんですが。

製作開始のボタンは押したはずなのに、いつまで経っても、れんかが動かない。

20170725_11.png

・・・あれ? この画面のまま、しばらく固まってました。
(これは少しレベルアップしたときのSSですが)

クラフトするには、XHBバーの右端の「生産」を押さないと何も始まらなかったんですね(^^;

分かればなんてことはないですが、なにしろ、最初の最初だったので、どうして、動かないんだろう?と1分ほど考え込んでしまいましたw クラフター初心者あるあるですよね?

その後も、こつこつと、お料理を作り続けまして。

製作手帳に載っているメニューを一つずつ作って埋めていくだけで、序盤は結構、レベルが上がっていきますね。

がんばって、料理人の道を究めたいと思います。

めざせ、料理の鉄人!


20170726_02.png

こちらは、景観カメラで見つけた、リムサ・ロミンサのララフェル商人さん。

ララフェル、可愛いなあ。
町中のNPCでも、ララフェル見つけたら、つい、じーっと見つめちゃうw(変なひとではありません)

20170726_03.png

なにやら商談中のようですが、後ろで大きな箱を持ってる使用人らしき人の荷物がめっちゃ重そうなんですけど。

早く話をまとめて切り上げるか、何とかしてあげてください、と思いましたw
(別に、床に下してもいいんじゃね?)



その後は、クエストをこなしつつ、Lv15になると行けるようになる「初心者の館」にも行って、修行してきました。

20170726_04.png

ロール別の戦闘の方法をいろいろ教えてくれる場所ですね。

NPCの先生とNPCヒーラーさんと一緒になって戦う、初めてのパーティ戦。

合格した後も、何度でも受講できるので、不安な点があれば、また受けにいけばいいんですね。

すべて受講し終えると、すてきな装備をもらいました。

20170726_05.png

なんか、やっと魔法使い風な装備になれました~。
結構、気に入っております。

しばらくは、この服で大丈夫そうですね(^^)



本日のれんか日記


れんかは、チョコボポーターに乗ることをおぼえた!

街中や郊外に、チョコボ留があるのは見かけていたんですが、フィールドを歩いてたら、新しい敵とばったり遭うことも多いし、歩きでかまわないかなー、と思っていたんですよね。

20170725_12.png

でも、お安い料金で乗れるチョコボポーター。乗ってみると、とってもお得で便利でした。

もっと早く乗っておけばよかったです。

20170725_13.png

拠点~都市までの区間限定ですが、歩いて帰るのも面倒で、リムサ・ロミンサに直帰で良いときは、チョコボポーターにれんかを乗せておいて、その間、席を外してお茶を入れにいったり、用事を済ませてきたり。

20170726_06.png

でも、軽快な音楽とともに、れんかを乗せたチョコボが走るフィールドの風景も綺麗なので、ついつい、画面を見てしまうんですけどね。

もっとレベルが上がれば、マイ・チョコボを持てるようになるとか?

早くお迎えしたいと思う、れんかなのでしたー。
関連記事

Comments 0

Leave a reply