スワローテイル

20191221_01.jpg

年末も近いので、SSフォルダ内の大掃除がてら、まだ記事にしてなかったSSをアップしていく回ですw

5.1でギャザクラ新式装備が来たので、今では、すでにミラプリ装備となっていますが、5.0で着ていたお気に入りのギャザクラ装備のSSを貼っておきます~。


20191221_02.jpg

まずは、白貨で交換できる、彫金師用の胴「ジェムフィーンド・ベスト」。

スイスとかで、伝統の時計職人さんが着てるベストみたいな感じで、いかにもクラフツマンシップが感じられる装い。

アームバンドで、袖が作業の邪魔にならないようにしてるあたりも、職人さんらしくて。

脚は、クラフターLv63~の「ルビーコットンボトム」を合わせています。
学生コスするときのオスッテには必需品ですねw

20191221_03.jpg

職人だけど、さりげなく、黒のボウタイに金の留め金がしてあったりして、ちょっとしたところにも、洗練された雰囲気があって、職人の誇りが感じられる服です。

20191221_11.jpg

朝からケーキたべちゃうぞー。な職人さんw


20191221_04.jpg

こちらは、白貨交換の裁縫師用の胴「ボルトフィーンド・スワローテイル」。

オスッテばかりのホストクラブにでもいそうな、太めのおしゃれなタイリボンと、燕尾服。

仕立屋というよりも、サヴィル・ロウにある王室御用達の老舗高級テーラーの店員さんですよね。
映画「キングスマン」の世界だー。

20191221_15.jpg

執事ごっこもできそうです。

「お嬢様、なんなりと、御用命ください」

惜しむらくは、袖の針山が取り外し不可なので、それさえ何とか出来ていればもっと汎用性あったかなあ。


20191221_06.jpg

そして、こちらが、IL430のギャザラー装備一式。

実は、これまで着てきた、数々のギャザ装備の中でも、最もお気に入りな一着です。

シースワローの革で作った胴装備の「シースワローコート」。
チェッカーのマフラーつきで、長めのコートといい、放浪のガンマンみたいで、めちゃくちゃかっこいい~。

20191221_07.jpg

つい染色するときは、個人的な趣味で、シェールブラウンを多用してしまうのですが、フレさんからも、この色がれんかに似合ってると誉めて頂いて(*´ω`*)

ただ、5.1新式を作って着替えたときに、禁断しようとしたら、マテが足りなくて、このSSで着ている装備は、あえなく、マテリアに…( ˘ω˘ )
(5.2からは、マテリアにしても、装備自体は消えて無くならないんですもんね! 期待!)

まあ、すぐに作れるので、またミラプリ用に作ってみようと思ってます。

20191221_05.jpg

そしてそして、この装備の中でお気に入りなのは、胴だけじゃなく、足も!!

この「シースワローブーツ」、編み上げブーツの中でも、一番のお気に入りですw
ギャザラー以外でもはけるなら、戦闘職でもはきたいくらい><
(脚は、王子のズボンをミラプリしてます。このズボンの革の質感、めっちゃ好き)

このレースアップブーツ、くたっとした革だけど、履き慣れた感と、しわや色褪せも、イイんだ…(*´ω`*)
ある意味、革フェチなとこがあるので、革について語り始めると終わらないw

20191221_12.jpg

こちらは、オジッテセカンドで着てたときのSS。

20191221_14.jpg

オジッテこそ、この手のワイルドな服はまかせろ!って感じですかねw

20191221_13.jpg

オジッテセカンドも、今は5.1新式ギャザラー装備を着てるので、このSSの服は、リテに譲りましたが。

やっと、彼も(イシュガルド復興で)革Lv80になったし、革の在庫もそろってきたので、また、ミラプリ用のシースワロー装備を作って、着てみたいですね。


20191221_16.jpg

やっぱり、一応はギャザクラ勢なので、ギャザクラしてる時間が長いし、強そうな鎧よりも、ふだん着みたいなカジュアルな服が個人的に好きなので、ギャザクラ装備は、自分の中ではとっても大事だったりするのです。

20191221_17.jpg

ミニオンだけ連れて、ギャザのために各地を飛び回ってる時間もね(*´ω`*)


関連記事