セカンドの物語・12

20181027_13p2s.jpg

突然ですが…


セカンドで幻想しました。

(※紅蓮4.0の内容に触れています。ご注意ください)



以前から、オジッテキャラいいなあ、と思っていたのですが、新たにキャラ作って育てるのも大変そうだったので…

幻想薬を初めて使いまして、おじさんキャラだったセカンドにオジッテになってもらいました(*´ω`*)

いやー、オジッテ、いいわあ~。
メインのムビ見るのが楽しくなりましたw


20181027_10.jpg

紅蓮4.0のメインクエは、この辺まで来ていて。

オジッテになったセカンドが、ユウギリさんと並ぶと、なんか色合いが同じだったので、お似合いじゃね?とかって勝手に思ったり。


20181027_09.jpg

ワイルド系なんだけど、ちょっと切なそうな表情も見せたりする、そんなオジッテ。


20181027_11.jpg

れんかで紅蓮を進めてたときは、それほど、ユウギリさんに思い入れは無かったのですけども、ここに来て、私の中では好感度急上昇なのです。

外人ヒカセンさんたちにとって、ユウギリさんは、ストレートで綺麗な長い黒髪と、ひそやかな可憐さで、一番、日本人女性のイメージに近い女性NPCなのかな?

でも、一見、控えめそうに見えるけど、芯は強いところがあって、義と忠誠心に厚い。


20181027_05.jpg

太眉はやってますもんねえ。
って、全然関係ないけど。やっぱり、ユウギリさん、可愛いなあ(*´ω`*)


ところで、前回記事で、紫水宮を開放した話を書きましたが。

その後日譚となるサブクエを、れんかのときは、お得意様開放のために、実装直前の駆け込みで、Lv70ジョブでやったんですよね。(ちょうど良いレベルのジョブがなかった…)

でも、セカンドでは、忘れずに適正レベルのジョブでやろうと思っていまして。


20181027_01.jpg

「どうして、恋敵と連れ立って、二人旅しないといけないんじゃー!」



と、このサブクエやってると、中の人が叫び出したくなる衝動をセカンドには体現してもらいましたw

まあ、これも、恋敵をシオサイさんから引き離すためと思えば…(ΦωΦ)ニヤリ


20181027_02.jpg

シオサイさーん(*´ω`*)

このサブクエでは、少し前のメインに引き続き、大好きなシオサイさんとお話できるのが、何よりの喜びでございますw


20181027_03p.jpg

ふ・・・ふんっ。クレナイちゃんも、たまには良いこと言うじゃないのよっ


20181027_04p.jpg

シオサイさんとイソベに感謝されるヒカセン。

このサブクエ後は、しばらく、シオサイさんとの絡みが無いので、寂しいなあ><
まあ、いつでも、会いに行けば良いのですが。

ふたたび、某お得意様でお話できるときを目指して、がんばってメインクエ進めてきますね、シオサイさん!


同じく、れんかのときは、新たな蛮族クエ開放のために、実装直前になって慌てて、Lv70ジョブで進めた、あの一連のサブクエも、セカンドでは適正レベルでやってきました。


20181027_08.jpg

やっとナマズオと絡めるサブクエきたー!

ここに至る、ヤンサでの前提サブクエも、Lv64になってすぐ、やっておいたのですよね。


20181027_07.jpg

ナマズオたちよ、こっちでもよろしくなのねん!


まあ、前提クエを全部やっても、メインクエストを次のエリアである程度進めないと、ナマズオ蛮族はスタートできないので。

とりま、前提だけ終わらせておいて、あとは、メインクエの進行待ちですね。

しかし、ナマズオ蛮族開放まであと少しだぞー(*´ω`*)


20181027_06.jpg

メインでは双子も再会して、ヤンサの風脈も無事開放できまして。

いよいよ、物語の舞台はアジムへ!


アジムのメインはほんと楽しいので、どんどん先へ進めてしまいますねw

部族ごとに異なる言い伝えや風習など、その辺のことを織り交ぜながら、クエストが進んでいくので、とても興味深く、民俗学のフィールドワークみたいだなあって。

今後、長いお付き合いになる、ヒエンや、余輩さまともお会いして。


20181027_12.jpg

サドゥさんのテントにもお邪魔したー。


紅蓮のサブクエは、れんかでも、いつかやろうと思いつつ、大半がやれてないまま放置状態なのですが。
いつか、アジムだけは全部やっておきたいなあ。

いろんな部族のお話が、もっと聞けるかな?


ということで、セカンドの紅蓮4.0は、まだまだ進行中でっす。
関連記事

Comments 0

Leave a reply